トップメッセージ

 DX(デジタルトランスフォーメーション)社会といわれるデジタル化の波は、ITを活用したビジネスモデル化やスマホ主導の経済システムを凄まじい勢いで後押ししています。それと同時に、コロナ禍の非接触型社会への移行や、UX(顧客体験価値によるブランディング)の強化とともに企業価値を高める動きが加速し、弊社が進める商空間ビジネスに於いても質的転換が求められています。今後の商空間や人が集まる場は、その価値が再定義され新しい常識と意味を持つことになるでしょう。また、世界的に叫ばれる持続可能な社会の実現についても、SDGsの目標を選択し経営戦略として掲げることで、企業ブランド価値を高める活動がますます重要になると考えます。

 このDX・UX・SDGs社会の大きな変革の時代に、私たちは「空間ブランディング企業」として、人々の"トキメキ"を共創し、空間創造技術でお客様の企業価値を高め続けてゆきます。また、リアルとデジタルが融合し際がなくなる時代にも、リアル空間の持つ可能性を追求するとともに新しい時代を切り拓く空間デザインをご提供するイノベーション企業を目指してまいります。

 昨今、「私たちは何者であるか?」という企業の存在意義を明文化して社員と共有し、社会に貢献してゆく「パーパス経営」が注目されています。私たちパールイデアは、トキメキの空間をお客様とともに共創する空間ブランディング企業として、「多様な価値観が共存する社会は豊かな社会である」との信念に基づき、個性あふれる豊かな文化社会(アートやデザイン等の社会の文化的側面)の実現と永続的な発展に寄与したいと考えています。

 いつの時代も社会の変革が私たちの経済・社会活動に大きな変化を与えますが、太古の昔から変化とともに新たな文明が生まれ、新たな技術革新が興り、新たな企業活動とともに人類の進歩発展を形成してきた歴史があります。空間を訪れる人々、お取引先企業様、パートナー企業様、社員とその家族、全てのステークホルダーの皆様の物心両面の幸福のために、生まれ変わったパールイデアをご愛顧頂けます様、今後共どうぞよろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長

後藤康弘