私たちは、2022年7月6~8日に開催された「~ JapanマーケティングWeek【夏】~ 第7回リアル広告EXPO」に出展いたしました。

パールイデアとして初の合同展示会出展は、大変多くのご来場者様をお迎えし、大盛況のうちに無事終えることができました。ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

今回は、ご好評をいただいたブースの展示内容や当日の様子をレポートいたします!

 


 

夏祭りの縁日のような「ハレの場」をPOP-UP空間として表現する

今回の展示ブースのコンセプトは「ハレノバ」。誰もがワクワクする夏祭りの縁日のような「ハレ(非日常)の場」をモチーフとして、リアル×デジタルの新しいPOP-UP空間を表現しました。

日本人がずっと大切にしてきた「祝祭 = ハレ」の文化。私たちは今の商空間にこそ人々を繋ぎトキメキを与える「祝祭(おまつり)」が必要だと考え、今回の展示コンセプトである”ハレノバ”を企画しました。

 

巨大金魚がお出迎え。3Dデータによるデザインと再生PET素材を用いた環境配慮型の造形です。

 

単管パイプを用いたフレキシブルなブース環境。アルミ単管、広葉樹の端材を利用した木単管、本来廃棄されるものを再利用した紙管の3種類を組み合わせ手使用しました。

 

暖簾

 

岐阜の名産品である岐阜提灯を使用。

 

風車

 

たい焼き

 

実現したかったのは、次世代型の商空間「Active Store」

今回の展示で表現したかったのは、リアルな商空間におけるリアル×デジタルがシームレスに融合した体験型のPOP-UPです。

弊社は、リアル体験とデジタル体験の情緒的な体験を主軸とした、発信力の高いリアル店舗を「ACTIVE STORE」と称し、提案を行っています。今回の展示ブースでも次世代型の商空間(ACTIVE STORE)を具現化することで、来場者様にトキメキを与えることが第一の目的でした。お祭りのような楽しいリアル体験と、後にご説明するデジタル体験をかけあわせ、ユーザー体験を最大化することを目指しました。

 

ACTIVE STOREのパンフレットはこちらよりご覧ください

 

Cyoi mise

ECコネクトシステムを持ったディスプレイモニター機能と、商品サンプル陳列の為の什器機能を組み合わせたディスプレイツール。新しくType Smallも新登場。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

ECと店舗がつながる! 接客のDX化を適える、進化したCyoi mise (チョイミセ)

 

 

サイネージテーブル

水平置モニターにテーブルまたはステージ機能を加えたアイテムです。陳列商品にまつわる動画を組み合わせればより訴求力の高い効果的な演出が可能となります。

今回はサイネージの上にアクリル水槽を設置し、懐かしい水風船の遊び要素を加えました。

 

 

デジタルスクリーンパネル
サイネージパネルがSNSとリンクし、スマホ画面をそのまま店頭で表現することができるため、リアルタイムな訴求が可能です。

 

 

リテールアナリティクス 小型カメラ
店舗の入口やディスプレイ、棚前に設置することで、お客様の交通量・入店数・年齢や性別といった属性を記録することが可能です。

 

リテールアナリティクス 電子POP

人感センサーカメラ搭載のサイネージ。最終的に店頭販促を享受するのは「消費者である」という原点に立ち返り、店頭の消費者を見える化(フィールド・トラッキング)することで、販売機会・販促効果最大化の実現を目指します。

モニターを見たお客様の属性分析とともに属性に応じたコンテンツの出し分けが可能です。

 

AirQ

Prolitec社(米国)の業務用アロマディフューザー。特許技術により、フレグランスを2ミクロン以下の超微粒子にして噴霧します。従来のエアゾール粒子に比べ、香りが空気中に約400 倍長く滞留。香りを気体のように広範囲に均一に拡散、芳香効果も長持ちさせることができます。

展示会場ではコットンキャンディーの甘い匂いを使用しました。

 

 

AR

誰でも簡単にウェブAR・ブラウザAR®が作成できるサービスで、ユーザーはアプリをインストールせずに、スマートフォンのカメラ機能だけでARを体験することができます。そのため、SNSやインターネット上からのシームレスなAR体験が可能になります。

展示会場では、花火の映像を流したり、くじ引きのゲームを体験いただきました。  ※ブラウザAR®はクラウドサーカス(株)の登録商標です

 

 

当日の様子をぜひこちらのムービーからご覧ください!

 


 

【ハレノバ来場御礼】 空間が、ヒトをつなぐ!

今回の展示会出展を終え感じたのは、空間の「メディア」としての役割でした。通りを行く多くの人が甘い匂いや、キラキラした電飾、大きな金魚に目を惹かれ、足をとめていただきました。情報過多で様々な情報に埋もれてしまう環境の中でも、リアルな空間には五感の刺激による人を引き付ける力があります。また、多くのお客様と直接お話しをさせていただいたことで、何に課題を持たれ、何を実現したいのか、一緒にこれからの未来に向かって共創できる可能性を多く頂戴しました。

ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました。私たちは、コンセプトメイクから企画・設計・施工まで、お客様のご要望にあわせた展示会ブースや店舗づくりのトータルサポートをいたします。展示内容については、弊社のハイブリッド型展示会サービスNEXを活用した特設ページにてアーカイブもご覧いただけますので、ご質問やご依頼などございましたらぜひお気軽にお問い合わせください!

https://pearlidea.nex-exhibition.jp/